NSW NPL シーズン半分終了 Naocastle選手 8人の状況は?


NSW NPLは丁度半分のシーズンが終わりました。
チャンスを掴んだ男、掴めなかった男、新たなチャンスをもらった男。


それぞれですが、その状況をこれからどうするのかで選手達のキャラクターが問われます。


ファームステイを辞めてまで、シドニーに戻ってきた小長谷選手はなんとデビュー戦で決勝点を決めて1-0で勝利に大貢献。


長谷川選手は去年、自分のチームで18試合17得点と力はあるのは間違いないのですが、うまくフィットしなく新たなチームへ移籍。
マルコーニという僕も一時期所属していたチームです。
昔はオーストラリアNo. 1クラブと言われていました。まさかの降格で現在3部リーグ。
昨日早速初の練習でしたが、環境と練習着を毎回洗ってくれてバスタオルまで用意してくれる事に感激していました。


コンスタントにスタメンで試合に出てるのは、村山、小門、関谷選手。
関谷選手は怪我中なので、復帰してからどう貢献出来るかですね。


首位と2位のチームにいる望月、佐々木選手も試合に絡めています。


メルボルンの岩崎選手は基本的に全てフル出場。
元Jの岩崎選手は別として、日本では味わえなかったお金を貰ってサッカーが出来る環境にいるのは間違いない事です。
そこで感じる喜びと同時に少しずつ感じるプレッシャー。
その中でも良いプレーが継続出来るように知恵を絞って頑張ってください。


【先週末の選手8人の結果】


小門選手は1ゴールを決めて1ポイントに貢献。


望月選手は怪我から復帰後やっと信頼を得て来て、フル出場で4−1勝利に貢献。プレーも良かったらしいです。
チームは首位と絶好調。
本人も「攻撃陣が凄すぎます」と。笑


2位のブラックタウンでは、佐々木選手が途中出場して2−1の勝利に貢献。前節スタメンフル出場も選手が復帰して外された模様。
スタメンはまだ取れていないですが、チームには貢献しています。


村山選手もフル出場で勝利に貢献。
こっから巻き返して欲しいですね。


まさかの絶不調のアピアでは2週間前から関谷選手が怪我で欠場しておりますが、来週辺りには復帰出来る見通しです。
当初は今季絶望と言われておりましたが、弊社の知り合いのドクターに見てもらうと誤診だった事が判明。
とにかく思ったより怪我が軽くて良かったです。


同じチームの長谷川選手は先発出場も途中交代。
残念ながら、この時点でチームからは放出したいとの連絡が。
全員にベストな方法を考えた挙げ句、3部のMARCONIに移籍する事に致しました。
ほぼ同じ条件と、練習参加無しで獲得してくれる事を前提に話を進めてきました。
本日から新しいクラブでの合流となります。
ここから底力を見せてくれる事を期待しております。


小長谷選手はなんとデビュー戦でいきなりゴール!!
そしてそのゴールが決勝点となり1-0で勝利に貢献しています。


メルボルンの岩崎選手は出場停止から復帰してフル出場もチームは負け。

第8節 監督戦評 vs 東京国際大学FC

どうしても勝ちたかった試合。
結果は0-4。


正直スコア程の差はなかったと思うが、結果がすべて。


ポストに当たるも、
キーパーに当たって入るアンラッキーなPKをはじめ、
とことん運がついていないと言えばそれまでだが、
すべてに意味はある。


1週間やってきた守備のところは
ある程度出来たと思う。
スコアはもちろん物語っていないが、
最後まで力が持たなかったのと
得点をして勢いにも乗れなかった。


その点、攻撃に関しても部分的には良くなってきたが、
今年は非常に時間がかかっている。


自分たちのサッカーを見失わずに、
最後まで諦めず、
サッカーを楽しんでいけば、
流れが変わる事を信じてまた次節に挑みたい。


次は東京対決。


応援よろしくお願い致します!

第3回 00 留学説明会&交流会 アメリカの大学でサッカー留学

2fe8e0_7bedb0c9c6994bb8a9d0874aa1cef8da.jpg


00 交流会!!


TOCの活動にも繋がっている 00 プログラムです。


アメリカの大学へのサッカー留学最新情報はここでゲット。


今後もたくさんの選手のサポートを出来るように頑張っていきます。


ご興味がある方は以下のリンクから是非ご連絡ください。


http://www.zero-00-zero.com/#!event/ck3b

関東リーグ2部 第7節 東邦チタニウム戦 監督戦評


【監督戦評】
 東邦チタニウム戦 0-1


 これだけ厳しい状況を作ってくれたことにむしろ感謝したい。


 人生、何が起こるのかが大事ではなく、
 何かが起こったときにどう対応・反応していくか。


 監督としてもこの状況を
 どう乗り越えていくかということと、
 もう一度サッカーに向き合える機会を作ってくれたことに感謝している。


 この壁から逃げずに乗り越えたときの快感を考えると今からワクワクする。


 さらに進化した早稲田ユナイテッドがそこにはあるはず。


 本日の選手達のプレーと対応は素晴らしかった。
 今シーズン負けているような雰囲気はなく、
 試合前も試合中もハーフタイムも
 今季一番、会話が交わされていた。


 シュートチャンスを一度でも決めることが出来ていれば乗っていたと思う。


 交代枠は1枚しか使わなかった。
 それぐらいみんなの出来は良かった。
 もちろん運動量が足らない選手は数人いたが、
 お互いうまくカバーし合っていた。


 次の試合、自信を持って挑みたい。


 飛行機でも逆風の中を進むのは大変だが、
 その空気があるからこそ飛行機は飛べるのである。

 サッカーを愛せば、サッカーから愛される。
 逆境に向き合えば、前に進める。


 サッカーの神様は必ず見ている。

選手獲得情報 海外クラブ

Aリーグも新シーズンに向けて選手を探しています。


またAリーグの選手達もJリーグの移籍を希望している選手達がいます。


また今季も1人ぐらいJに入れる事が出来れば最高です。


【選手一覧】
http://www.naocastle.com/blog/2015/12/naocastle.html


中東は日本人選手はなかなか前向きになれない話だと思いますが、提示額は半端ないですね・・・


⑴ Aリーグ 来季に向けての補強が始まっております。
全ポジション
年棒 約1000-3000万円


⑵ 豪2部 5/31から約3ヶ月間の契約
月 25-30万円
ボランチと右サイドバックか右サイドハーフ


⑶ UAE と カタール
全ポジション
年棒 5000万円-5億円