早稲田ユナイテッド 後期素晴らしい巻き返しでシーズン終了


【監督戦評】
「リーグ後期 素晴らしい巻き返し」


 前期1分8敗のことを考えると
 選手達は本当に崩れずによくやってくれた。
 1試合も落とせない状況と
 プレッシャーの中で奇跡ともいえる巻き返しだと思う。


 本日は一瞬の隙を2回つかれて、後期初めての2失点。
 少し荒れる試合で感情をコントロールできない選手が出て、
 強いて言うなら後期初めて崩れた試合かなと。


 そんな中でも絶対的ゴールシーンを
 ゴールラインで防いだ長井(4番)は
 最後まで気持ちが切れずにしっかりとやり抜いていた。
 キャプテンの大雅(14番/副田)も
 今季ベストパフォーマンスに近い最高のプレーだった。


 他に出場した選手やベンチにいる選手たちも含めて、
 最後まで本当によくがんばってくれたと思うが、
 最後の最後に少しズレが出た。


 そういう空気にしてしまったのは、
 組織のトップにいる言うまでもなく監督のせいである。
 まだまだ学ぶことが多いが、
 本日は改めて日立ビルの選手や
 関東リーグのフィジカルの強さを目の当たりにした。


 我々も最悪のケース、プレーオフになるので、
 そこに向けてフィジカルを強化していかなければと思う。
 そして、来季もう一度関東リーグでできるのなら
 今季よりフィジカルを鍛えなおした状態で挑みたい。


 あとはJFLの結果や地決※の結果を待ちたいと思う。
 サッカーの神様が判断してくれるので我々は準備をするだけ。


 選手のみんな、リーグ戦はお疲れさまでした。
 また応援してくれた皆さんありがとうございます。
 来季も関東リーグでプレー出来るよう、良い準備をしていきます!


 ※全国地域サッカーチャンピオンズリーグ
  11月11日~27日におこなわれる社会人サッカーの大会。
  上位2チームがJFLに昇格できる。
  http://www.jfa.jp/match/regional_league_2016/

Metting up with my former team mate, Zenon Caravella in Tokyo at my Football Academy


Great to catch up with my former team mate Zenon Caravella in Tokyo at my academy.
It's been about 10 years since we last met but nothing has changed! Good times.


TOC Football Academy is held in Shinkiba, Yokohama, Higashifushimi(Inside Waseda University).


We coach kids from 6-15 years old in English & Japanese and English speaking kids always welcome.


Contact Naoki on 080-4955-0019 or e mail us at info@naocastle.com


http://www.naocastle.com/touchofclass/

TOC ENGLISH FOOTBALL (SOCCER) ACADEMY IN JAPAN (TOKYO, YOKOHAMA) 8年目になるTOC サッカースクール 9月から5年生以下はセレクション無しとなっております。


早い事でTOCを始めて8年目になります。
Time passes by and it has been 8 years already since I started the TOC Football Academy.


今年は対外試合を増やしたりなど、9月からはセレクション無し(5年生以下)にしたりなどより良い環境を目指して頑張っております。
We've started to organise games outside of the academy and from this month we have opened up the academy to anyone under year 5 to create better environment for the kids.


今年は初の試みでオーストラリアパートナーのFutboltecチームの日本ツアーをコーディネート致します。
For the first time, our Australian partner Futboltec will be coming to Japan and we will be coordinating the tour.


来年はU12の国際大会を主催する事を目指しながら頑張っていきたいと思います。
In 2017, I have plans to organise an International U12 Tournament in Japan.


オーストラリアやニュージーランド、アメリカや韓国のチームなども誘ってそこにTOCのチームも出して共に戦いたいですね。
It'd be great to see our TOC kids battling against teams from other countries.


今年の9月からは全校(新木場、早稲田、横浜)で
「5年生以下の選手はセレクション無し」
でご入会できるようになっております。
たくさんのお友達と共に是非無料体験をお試しください。


無料体験の応募は以下のアドレスにお願い致します。
info@naocastle.com
【件名】無料体験の申込
① (参加場所) 例 新木場
② (日程) 例 10/5
③ (お子さんの名前) 例 世界 太郎
④ (学年) 例 3年生


TOC ホームページ
http://www.naocastle.com/touchofclass/

村山 拓也(元早稲田大学) 関谷 祐(元青山学院大学➡早稲田ユナイテッド) 豪2部で再契約


来季でなんとシドニー7年目!!
拓也おめでとう!!
行った当初はここまでイメージ出来ていたかどうかわからないけど、サイドバックという外国人枠で非常に難しいポジションで常にオファーがあるのは素晴らしいね!!
Congratulations Taku!!
Who would've thought you would play 7 years straight in Australia!!
Amazing achievement.


そして今年大活躍だった、関谷選手も既に再契約をしてファームで頑張っています。


佐々木選手、小長谷選手も再契約の話を貰っています。
長谷川選手も貰っていましたが、急にポイントの関係で破談になりました。
小門選手は帰国して早速先日顔を出してくれました。まずは膝の怪我を治すという事です。
望月選手、新選手は現在行われている全国州リーグチャンピオンのプレーオフで頑張っております。
岩崎選手も先日帰国してお会いしました。


先週は来年行くメンバーと集まりましたが、まだまだ準備は整っていないようです。


http://www.teamnaocastle.com/aus

【全ては繋がっていた】 PS4 NSW NPL オーストラリア2部 セミプロリーグ ブラックタウンシティー優勝! 佐々木陸 選手(元国士舘大学) 来週はシドニーFCとFFAカップ準々決勝で対戦!!


【全ては繋がっていた】


自分が19歳の時にプレーしていたチーム。
その時とは随分時代は変わったが、関わる人はあまり変わっていないブラックタウンシティー。


今年1月に渡航した男が2月にブラックタウンシティーで契約をした。
佐々木陸(元国士舘大学)日本でプロになれなかった選手だ。


進路に迷っていた時、大学の先輩の副田大雅選手に相談した。
副田は弊社を通して2年間シドニーでも大活躍した選手である。
本当にAリーグ契約まで寸前だった時に目の前から奪われてしまった。


甘くはない。可能性も低い。
それでもチャレンジすると腹をくくった佐々木陸。
英語圏で生活する事によってセカンドキャリアの準備にもなる。
しかし、少なからず「もしかしたら」という気持ちは皆あるはずだ。


関東大学選抜にも選ばれた男がNPLとは言えど元NSL(Aリーグの前の豪1部)チームであり、
NPLでは強豪のブラックタウンシティーではスタメンすら取れない日々が続く。
その上に慣れない海外生活。当初は色々なトラブルもあった。


全てを乗り越えたかどうかはわからないが向き合ってきた結果、クラブからの陸の評価は高い。
スタメンはほぼないものの、スーパーサブとして全試合に出場。


迎えた決勝の週。来季の事や身の回りの事やビザの事で落ち着かない日々が続く。
試合数日前に早稲田ユナイテッド在籍中に痛めた膝を悪化してしまう。
練習は出来ずぶっつけ本番でベンチ入り。
相手はシドニーユナイテッド。同じく元NSLの強豪だ。
ここには弊社から望月理人選手と新裕太朗選手がいる。
2人とも堂々のスタメン出場だ。


陸に与えられた時間は8分間。
2−0でリードしていたブラックタウンシティーにもう一度エネルギーを与えたのが陸のプレシングだ。
自分は携帯のライブストリームで観ていたが、感動するぐらいの激しいプレッシャーだった。
いくら8分間とは言えどAリーグの選手でもここまでプレッシャーにいける選手は思い当たらない。
実際に駄目押しの3点目は陸からのプレッシャーからだ。


来季7シーズン目となる村山拓也選手が弊社初めての選手として渡航。
現在も先輩として選手達のサポートをしてくれている。


仲の良いアンナも選手達の非常に大切な相談役・シェフ・友人となっており、これまでたくさんの選手達をサポートしてくれた。


その後たくさんの選手が渡ったがNPLからAリーグに行けた選手は僅か1人。
元Jリーガーの海本選手だ。


今年はNPLに弊社から9人もの選手がプレーしている。
全てはこれまでの選手達の活躍があったおかげだ。


今年渡航した選手達は、去年からいる小門勇太選手が最初たくさんの面倒を見てくれた。
選手達も本当に感謝している。


また来年は何人か渡航するが、今年のメンバーの中から既に小門がやってくれた事を同じようにしてあげたいと言ってくれる選手がいる。


1人1人ストーリーは違う。
苦労の差や喜びの差も違う。
しかし感謝の気持ちだけは忘れて欲しくない。


全てが繋がっていたから、今がある。


http://www.teamnaocastle.com/aus