関東リーグ第3節 対神奈川教員サッカークラブ

91分に失点で3−4の負けてしまいました。


10人になって、3−3と追いつかれても最後までカウンターの一発を狙っていた神奈川教員さん。
素晴らしいですね。


3試合を終えて勝ち点たったの1。


勝ちきれない試合が続き、自分の力のなさを感じ申し訳ないです。


なかなか勝たしてくれない関東リーグ。
やはりかなり面白いです。


この苦しい時期をチームとして楽しく乗り越えれれば、必ず前期が終わる頃には良いチームになっていると思います。


この3試合は非常に意味があったし、チームとしても少しずつですが成長出来ている感じがします。


結果が出ていないのにうちらのサッカーを貫こうとチャレンジが出来たこの試合。


残念なところはもちろん4失点をしていればたくさんあるものの、少しずつ見えてきました。


この勝ちきれない壁はチームとしての本気度を試されている壁。


どう準備すればチームに3ポイントをもたらす事が出来るかを考え直す良い機会です。


来週は多摩フットボールセンターで
4月25日(土)に東邦チタニウムさんと対戦します。
16時キックオフです。
応援宜しくお願い致します!!

【今矢の目】 J1 第4節 柏レイソル 対 横浜Fマリノス & J1第5節 鹿島アントラーズ 対 アルビレックス新潟


インターネットが繋がらなかったのと、スカパーの無料体験が終わってしまい、さぼっていた今矢の目。


【まず、レイソル対マリノス】
レイソルの監督の達磨さんとは15年前からのお知り合いです。


達磨さんがオーストラリアでチームを探していた時に一緒に自主練をしていました。
1日中ボールを蹴っていた日々が懐かしいです。
追いつけるように僕も頑張ります。


そんな縁もあって、現在TOCアカデミーから2人の選手が下部組織でお世話になっています。
まだまだ達磨さんがやりたいサッカーにはなってなかったいうのがこの試合の印象です。
まだまだこんなものではないと思うのでこれからが楽しみですね。


気になった選手はマリノスの方ですね。
喜田のディフェンス力とボールのキープの仕方は好きですね。
あとアデミウソンのワンタッチプレーヤしなやかさはこれからどう得点に結びつけていくのかが楽しみです。


ファビオと三門のボランチも良かったですね。結果的にアデミウソンのワンタッチプレーとファビオの上がった所をカウンターでやられたのですが、少しのズレを直していけば問題ないように見えました。


伊藤が入って2トップにしたのは良かったですし、それよりも三門を右にしたのがもっと良かったかもですね。
そして終盤は富澤を入れて締めにかかったゲームプランが的中して2−1でマリノス。
相当良いチームだと思いました。


【もう1試合はアントラーズ対アルビレックス】


非常に面白い試合でした。この試合で光ったのは審判!
流す所をきちんと流してゲームが面白く球際の激しさを殺さない素晴らしいジャッジだったと思います。
適切なところでのイエローカード。


まあ、PKが2、3回アントラーズのファウルであってもおかしくない場面もありましたがそこはホームチームアドバンテージという事で。


レオ・シルバは良い選手ですが、良くも悪くも結構ボールを持ちますね。
プレスをかけるとしたらあそこなのかとも思います。
ただし彼のボール奪取力と前への配球と推進力は素晴らしいものがあります。
チームが信頼してるが故に狙える場所でもありますね。


アントラーズの西と山本のサイドバックは安定感もありながら攻撃参加が出来るので良いです。
あとは、金崎。外人のようなダイナミックな動きとプレーをしますね。
観ていて非常に面白いです!
柴崎のFKは天才的なのと土居もやはり効いているのかなと。
アントラーズが上位を目指すには欠かせない選手達だと思います。

Footi インタビュー第2弾!!


2月頃に撮影したインタビューの続きです。


編集のクオリティーの高さにビックリです!


次回も楽しみにしていてください。


宜しくお願い致します。


【TOC早稲田 TOC新木場 TOC横浜】
2015年度のセレクション申込とTOCホームページはこちらから。⬇
http://www.naocastle.com/touchofclass/

【1080ものサッカー英語や一般英会話のフレーズを学べるTOC VISION!!】⬇
http://www.naocastle.com/vision/

もう少し時間はかかるかな。。。

関東リーグ2部 エリース戦


★前半0-0
 お互い様子を見る感じで、
 とくにどちらかが主導権を握ることもなく、
 これという決定機もなかった。
 カタチは相手の方ができていた。
 
 うちらは、相手のポケットを途中から狙って
 惜しい場面もあったがラストパスが通らなかった。
 それを通すことができれば
 相手をヒヤリとさせ、
 もう少しワイドのエリアが有効に使えたと思う。

 ビルドアップがなかなかうまくいかず、
 ここは去年おなじく、まだ時間がかかるのではないか。
 ことしは、真ん中の選手が全員抜けたので、
 新たな戦力を連戦が続く中で
 どれだけ伸ばせるかが今後のキーポイントとなる。

★後半2-3
 要所要所で球際で負けていたこともあり、
 徐々にエリースペースになっていった。
 ボールの失い方や奪われ方も良くなく、
 相手のカウンターから決定機が生まれ始める。

 後半開始、6分、9分と立て続けに2失点をして0-2。
 ここで、リーグ戦初出場の
 河野直登を投入してシステム変更した。
 河野がチームに深さと時間を与えてくれて
 攻撃も機能し始める。

 後半29分、河野がもらったファウルから、
 山口慎史が直接FKを決めて1点を返すと、
 後半31分菅田恭介が球際を制して
 ラスト10分で2-2に追いつく。

 ペースは完全に早稲田ユナイテッド。
 しかし、後半33分
 またもや悪い失い方から
 相手にコーナーを与え、
 そのこぼれ球をミドルで決められ、
 2-3に。

 最後まで奮闘したが、
 東京カップ準決勝で、東京23さんに敗れたときと
 同じ流れと同じ結果となった。

 この結果の意味を一人一人が考えて、
 成長していくなら
 まだまだこのチームは強くなれる。

 関東リーグの難しさや
 経験値を今はモロに受けているが、
 これから勝ち点3を
 積み重ねられるチームにしていきたいと思います。

 本日も遠い所からボールパーソン含めて
 応援ありがとうございます!!

Footi インタビュー第一弾!!


インタビューされた動画の第一弾が上がりました。
もし良ければご覧ください!!
プロになるための道のりは!?


【TOC早稲田 TOC新木場 TOC横浜】
2015年度のセレクション申込とTOCホームページはこちらから。⬇
http://www.naocastle.com/touchofclass/