早稲田ユナイテッド5連勝 なんとか首位キープ

怪我人が多い中、挑んだ大事な上位対決。
そして更にケガ人を出してしまったが、僕がユナイテッドの監督になった初年度にキャプテンを任せた森永が今季初スタメンで光るプレーを魅せて明るい材料も。


試合は前線からのプレスで
何度かチャンスになるが、
前半は作るというより
奪ってからの攻めしかない形。


さらに、24分にはアキラ(16番/今野)が負傷し、
万全ではないシンジ(9番/山口)を
早々にピッチに送り込まなければいけない
苦しい状態となる。


終始相手に押されぎみだったが、
その本日初スタメンの森永(20番)、
キャプテン長井(4番)などの
研ぎ澄ましたディフェンスで
なんとか0-0で前半を乗り切る。


後半はピッチに慣れたのか、
練習などで見るボール回しや
アイディア溢れる攻撃を繰り広げ、
この試合で初めてうちらの時間帯が訪れる。


ナオト(14番/河野)からケイト(22番/菅原)に
メッセージのあるパスが出ると、
走り出したナカシ(7番/中島)に
これまたメッセージのあるパス。


57分、ナカシがファーに上げたクロスを
この試合絶好調のタスク(28番/関谷)が
豪快にダイレクトでネットにボールを突き刺す。


その後ナオトが、読み澄ましたインターセプト。
タスクが右にフリーになり、2人を抜き去り
ケンタ(25番/長谷川)の頭にドンピシャのクロス。
これを決めて64分に2-0。

これで決まったか、と思いきや
甘くないのが関東リーグ。
82分、うちらの処理ミスを
すかさず持っていかれて1点返される……。


残りの時間帯は全員守備で
なんとか逃げ切り2-1で勝利。


本当に最後までみんな戦い切っての5連勝。
アクシデントもあり、
非常に苦しい試合だったがこの勝利は相当大きい。
次の試合もタフになるのは間違いないが、
勝って前期を首位で折り返したい。

色々な道を想像しながら


00 アメリカ大学サッカー留学、現在サポート中選手の一覧です。
TOC卒業生が2人に! http://www.zero-00-zero.com


本当にプロになれて、億を稼げれば良いと思いますが、そんな選手は何人いるでしょうか??
もちろんTOCではそこも目指して欲しいですが、終わった後の事まで考えれる選手を育てたいですね。


ただ海外に行ったところで、その後の人生に本当に役立つのか?
英語力をネイティブレベルに、アメリカ大学卒業の経歴、異文化で暮らす経験などはセカンドライフにも生かされてくるのではないでしょうか。


00の選手になるには、学校の成績はもちろん、サッカーの技術、英語に取り組む真剣さ、かなりの要求があるので全員がなれる訳ではありません。


TOCと同じく、セレクトをして選手を選んでいます。


より高いハードルが待っているので、TOCに所属している時から頭の隅に入れておきながら取り組んで欲しいですね。


プロという1つの道だけを考えるのではなく、たくさんの道を想像しながら毎日を過ごせればなと思います。

早稲田ユナイテッド 4連勝で関東リーグ2部首位に


 3連勝の後で入り方が非常にむつかしい試合だったが、
 ここ最近の好調を象徴するかのような立ち上がり。
 たびたびチャンスを作り、前半14分に
 恭介(6番/菅田)からケンタ(25番/長谷川)が
 決めて1-0。


 その後もセカンドを拾える回数が多く、
 前半17分右サイドからの恭介のクロスを
 ケンタが再び決めて2-0。
 30分過ぎたあたりから
 徐々に相手の攻撃に威力が加わり、
 手こずる場面が訪れるがなんとか防ぐ。


 後半はプレスを少し変えたので、
 最初の5~10分は上手くいくが、
 3点めが入らず、
 相手の流れになり始める。


 徐々に危ない場面も増えてきて、
 ここまで踏ん張っていたディフェンス陣も
 とうとう防ぎきれず、
 相手の9番(小野幹斗選手)のナイスシュートで
 1点差になる。


 しかし、攻撃の怖さは変わらず残っていて
 今節初出場のタスク(28番/関谷)が右を突破。
 最後は技ありのクロスに
 ケンタが三度(みたび)ヘッドで押し込み3-1。


 なかなかむつかしい試合だったが、
 なんとか逃げ切って4連勝。
 他試合の結果も影響して得失点差で首位ポジションに。
 しかし、6位まで勝ち点3ポイント差という大混戦。


 そして、来週は厚木マーカスとの上位対決。
 今の勢いを継続しつつ、
 しっかりと準備をしていきたい。

関東リーグ 3連勝で3位浮上! 早稲田ユナイテッド VS 大成シティFC坂戸

 グラウンド状況が悪い中でも
 お互いに自分達のサッカーを
 貫こうとした試合だった。


 前半は12本のシュート、
 その内の半分が決定機、
 というところまで持っていくことができ、
 うちらの形を作れたと思う。


 ただ、その内の2点しか決められず
 2-0でハーフタイムとなる。
 得点はどちらもシンジ(9番/山口)。


 守備も前線のプレス、
 中盤のボールの奪い合い、
 後ろでの競りで一歩早く
 ゲームはコントロールできていたと思う。

 
 後半に入り、
 途中出場の相手の8番(山崎功二選手)が
 少し後ろでボールをコントロールしようとしたことで、
 そこへのプレスが少しばらばらになりかけた。
 これは、相手のパスミスや
 グラウンドに助けられて
 危ない場面までには至らずにすんだ。

 前半ほど決定機はなかったものの、
 終盤にシンジが
 この日ハットトリックとなるゴールを決めて試合終了。


 ケンタ(25番/長谷川)とのリーグ得点王争いも
 7点ずつのイーブンまでもっていき
 お互いに良いライバル意識。
 スタメン争いも同じく激しくなってきている。


 何よりも270分間無失点というのが嬉しい。
 他試合の結果も影響して3位浮上。


 しかし、実際は3勝2敗1分と勝ち越しただけ。
 まだまだこれから引き締めていかないと
 このリーグはどこに勝っても負けてもおかしくない。



ネイサン・バーンズ 2014−15 Aリーグ MVP!


友人でもあるが弊社所属のネイサン・バーンズ、今シーズンのAリーグMVP選手に!!
本当におめでとうございます。



今後の移籍がどうなるかが楽しみですね。



http://www.naocastle.com/blog/2014/09/naocastle.html/弊社所属選手一覧
他にもオーストラリア人選手と交渉権があります。